オリジナルのエコバッグがポリ袋と同じ機能では面白くない!!

エコバッグ15

海洋プラスチックゴミ問題、地球温暖化の解決の一歩としてレジ袋が有料化されました。それに伴って、オリジナルのエコバッグを持ち歩く人が増えています。ただ買った品物を入れるだけであれば、オリジナルエコバッグである必要はありません。

ポリ袋を捨てずに使い回せば良いハズです。ファッション性の要望もあるでしょう。しかし、それだけではさみしいです。そこでオリジナルエコバッグについて、機能面で考えてみましょう。

合わせて読む:オリジナルエコバッグは小ロットでも作成できるのか


レジ袋は売る側の都合にあわせた押しつけのポリ袋では?

レジ袋が有料となってから一番不便に感じるのが、コンビニやスーパーのレジが混むことです。今までは、客が支払の準備をしている間にポリ袋に店員さんが品物を入れてくれて、入れ終わった段階で支払。客は、袋詰めされた商品を受け取ってレジを離れるといった絶妙のタイミングで無駄な流れはありませんでした。

また、使われるポリ袋は買い物の量にあわせて、これまた絶妙に大きさを選んで商品を入れてくれます。本当に客にとって、至れり尽くせりのサービスでした。しかし、本当に客のためのサービスだったのでしょうか?最終的に海洋ゴミになり、地球温暖化の原因になったわけです。

特に小さなポリ袋などは、商品を取り出した後、ほとんど使い道がありません。大きなポリ袋は、ゴミ袋として再利用したりしている人もいるでしょう。しかし、中途半端なポリ袋は結局ゴミになってしまうのです。店側がレジで商品の量によってポリ袋の大きさを選択するのにも訳があります。

経費的な話だけではなく、レジ係の詰め込み動作を円滑にして、次の支払への流れを作り出す効果があるのです。窓口時間を短縮して、処理する数を増やせば必然的に売り上げに繋がります。

レジでオリジナルエコバッグの人が手間取るのはなぜ?

女性であれば、必ずと言って良いほどエコバッグを手提げバッグの中に丁寧にたたんで持ち歩いています。手ぶらの男性でも、財布はズボンの後ろポケットに、たたんだエコバッグをサイドポケットに入れています。レジに来れば、まず財布や昨今では携帯電話を取りだして支払をするでしょう。

その後は、エコバッグを取り出して、広げ、商品を詰め込みます。商品の量に関係なく、動作にかかる時間はほとんど変わりません。手間取るのは、財布などを取り出して、支払から詰め込みに至る動作の流れる線、すなわち動線が節の都度途切れるからです。

レジ側で袋詰めしてくれていた時の店員の動作は、支払の間に操作するレジと袋への詰め込みがほぼ横に流れていました。この袋詰めを客側がやると支払のための横方向の運動と、品物を詰め込む縦方向の二方向に動作が分解されてしまいます。

オリジナルエコバッグの大きさも影響しているでしょう。どこでも使えるオリジナルエコバッグは、商品の量に関係なく大きなものです。それも、店側が準備しているポリ袋のサイズをはるかに越えるものがほとんどではないでしょうか?この大きな袋を広げる動作も、手間取る大きな原因になると考えられます。

動線の問題を解決するオリジナルエコバッグの機能

客は先ず、支払の為に横方向の回転運動で財布などを取り出します。同様に、エコバッグの取り出しも横方向の回転運動のハズです。次の商品を袋に詰める動作が縦方向の動作になります。こう考えると、財布などを取り出すこととエコバッグの取り出しが一回で終わり、支払を済ませれば後は袋に商品を詰め込むだけです。

詰め込む前に袋を広げますが、商品が少なければ小さく、多いときには大きく広げられるような動きにつながっていくことが望ましいでしょう。以上のように考えると財布などとエコバッグは一体、あるいはエコバッグの中に財布などが一緒に入っていれば一つの動作に近い要領で財布とエコバッグを同時に取り出すことができます。

支払を済ませた後、逆方向に戻るような形でエコバッグの入り口を広げられれば動線が、支払の機能と一致します。つまり、財布などが入っている口の開く方向とエコバッグの開き口が隣り合っていて、支払が終わったら支払機能の口を閉じて、反対の口を開くとエコバッグへの収納が可能になるような構造が望ましいということが見えてきます。

自由に大きさを変えられるオリジナルエコバッグ

エコバッグ19

レジで客として素早い動作の出来る、動線を念頭においたオリジナルエコバッグについて考えてきました。しかし、動作に手間取るのは動線の流れだけではありませんでした。以前のように、商品の量によって手早く袋を選んで入れてもらえないのです。

しかも、どこでも使えるオリジナルエコバッグは、やたらと馬鹿デカいときています。商品を入れるときに、袋が大きいことのどこに問題があるのでしょうか。入れることだけをかんがえると、入り口は広いほど良いに決まっています。

その点で、オリジナルエコバッグは問題ありません。問題は、縦方向の伸ばしです。大きな袋を、入り口を広げたあと縦方向にも展開する動作が入るので、もたつくように思われます。しかし、本当にいつも全体を展開する必要があるのでしょうか?量に応じて、入り口から商品を入れたら、そのまま閉じて持ち帰ることができれば、時間短縮になります。

オリジナルエコバッグが縦方向につづら折りのイメージで圧縮されていると、この動作短縮も簡単に実現出来そうです。

合わせて読む:オリジナルエコバッグを作成してマーケティングに活用しよう


多機能オリジナルエコバッグの提案

オリジナルエコバッグというと、デザインに凝った個性にあふれたカラフルなものをイメージします。これまでレジ袋として使われてきたポリ袋は、単に商品を入れて運ぶだけの機能を重視して、軽くて廃棄処分が容易なことが喜ばれてきました。

しかし、その役割をエコバッグが受け継ぎ新たな時代となって、袋詰めも客の仕事になってしまいました。せっかくオリジナルエコバッグを持つとしたら、レジでもたつかないアイデアに満ちたものを持ちたいではありませんか。

そこで、支払からバッグを展開するまでの動線の流れを考慮して、大きさ自在のオリジナルエコバッグのアイデアを提案したいと思います。そのバッグには、入り口が2つあります。一つは、財布機能を収納する場所です。

財布収納に隣接する口を横にひらくとそこが商品収納バッグの入り口となっています。

商品収納バッグは、つづら折りで縦方向に大きさを自由に調整できる形をしたバッグです。

合わせて読む:格安でも作れるオリジナルエコバッグ

レジをスマートに通りたいと思いませんか?

レジで後ろに人が並ぶと、なんとなくイヤなものです。レジ袋が有料化されて、エコバッグを持ち歩くようになってから多くの人が個性のあふれたカラフルなオリジナルエコバッグを愛用しています。しかし、デザイン性を追求した色や形のエコバッグではレジの混雑を緩和出来ません。これからは、デザイン性だけではなくレジ混雑解消のための機能性を重視したオリジナルエコバッグが出てきても良いのではないでしょうか?